2014年10月06日

鎮痛剤の使い分け・ロキソニンが効かない場合

先日頭痛でお医者さんからロキソニンを処方され、何日も続けたのにあまり効かないのだが、それも無くなったのでとりあえず売薬のロキソニンを買い来たという方がみえた。

詳しく伺ってみると慢性頭痛とのことだった。ロキソニンは炎症がある場所の炎症を押さえて鎮痛効果を得るものなので、慢性頭痛のような神経性の痛みにはあまり効かないとお話をした。

薬局のお薬を使うより、精神科や内科で抗うつ薬や偏頭痛の薬を使ったほうが効果がよくなる場合があるので、お医者さんを紹介しましょうかと受診を勧めた。

だが受診する時間がないとのことだった。持ち合わせの薬を見てくださいとのことだったので、確認させていただいたのだが、お薬袋の中にイブプロフェンが入っていた。

イブプロフェンは末梢で痛みをブロックするほか、視床下部で痛覚伝導路をブロックする二重の作用があるので、とりあえずお試し下さいということで、お買い物はせずに帰宅していただいた。



薬局薬剤師の使命は薬をお売りすることではなく、より良い治療に導く振るいをかける役割と心得ている。



重い痛みの半分位は腰痛だと言われている。そのうち原因が特定できる腰痛は15%位、残りの原因がわからない腰痛⇒非特異性腰痛は85%のようだ。

原因がわかっている腰痛は腰のどこかに炎症が起きているわけだから⇒炎症性疼痛であるわけで、消炎鎮痛剤のロキソニンが効く。

一方原因がわからない非特異性腰痛は神経によるものが多いので、神経障害疼痛に効くリリリカが処方されることが多い。

慢性の痛みは全くゼロにはならないのが特徴で、痛みを軽くコントロールするという観点が必要だ。

よくロキソニンを毎日3回飲み続けている患者さんを見かけるが、副作用は必ず出ている。飲み続けるよりも痛みを軽くしてコントロールしようという観点が大切だ。

運動したり楽しい事をしていると人の体内ではドーパミンという物質が分泌される。ドーパミンはモルヒネに似た物質で、痛みの感覚を和らげる働きがある。

痛いからと体を動かさにのではなく、積極的に楽しく体を動かすことで痛みは軽くなるのだ。

いずれにしても漫然と同じ薬を頼らずに、痛みの専門家のお医者さんに相談したいものだ。そればかりではなく、診察時ロキソニンばかり要求すると、お医者さんも面倒なのでロキソニンですましてしまう。そのような患者さんをたくさん知っている。





posted by ZEN at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月26日

柱島(岩国)に眠る戦艦陸奥

20日21日の週末、2年前に開港したばかりの岩国空港に向かった。空港から岩国駅近くのビジネスホテルへは空港からタクシーで10分ほどしかかからなかった。

早速駅前の繁華街で夕食をとろうと出たのだが、連休中にもかかわらず街はひっそり開いている店も少なく、仕方なく「わたみ」に入店、トホホな夕食になってしまった。

翌朝昼食のお弁当をコンビニで調達し、岩国港から高速船で1時間程かかる柱島に向かった。

柱島はかつては海賊の島、その後強力な水軍となり歴史に名を刻まれた島なのだ。村上水軍とは民族的に違うとの話もあるが、確認することは出来なかった。


柱島-1.jpg


ここから1日に4便 岩国→黒島→端島→柱島 への高速線が出ている。


柱島-2.jpg



柱島には神様が何柱もいらっしゃるので、多くの神様がいらっしゃる島という意味で柱島と名付けられたという。290m程の山がある島なのだが、その中腹の峠にある「賀茂神社」さんに参拝した。


柱島-3.jpg



港からは20分程だが、結構きつい登り道があった。


柱島-4.jpg




この峠を港の反対側に下り、さらに畑の中を進むと戦艦陸奥が沈没した現場に着く。


柱島-5.jpg 戦艦陸奥英霊の墓



柱島-6.jpg




この墓の正面2kmが戦艦陸奥が1122名の乗組員とともに爆沈した柱島水道だ。瀬戸内海の島々に囲まれた巨艦の停泊地、海の向こう側は江田島など海軍工廠があった地域で、戦艦大和もここから出撃した。合掌


柱島-7.jpg



再び先ほどの峠を登り港方向へ戻った。島には島民の為の店はあるものの、観光客など来る島ではないし、釣り客も弁当持参なのでそれに習い景色のいい場所で弁当を広げる。帰りの船は14:10、まだしばらく時間がある。



柱島-8.jpg

    ↑弁当を広げながら望遠レンズで港を撮った


柱島-9.jpg



小さな漁村だが海は透明度が高く波も穏やかだ。


柱島-010.jpg



東京へ戻る便は夜までないので、観光地「錦帯橋」まで夕飯を食べに行った。ここも連休中だというのに店は閉まりひっそりとしていた。

夕食のお目当ては「岩国寿司」、有名な店はどこも閉まっているので岩国観光ホテルのお食事処へ行った。設備も接客も二重丸、味も万点で、しかも安かったので、とてもラッキーだった。

柱島-011.jpg







posted by ZEN at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月16日

築土神社例大祭 連合渡御

14日日曜日 築土神社 中坂遷座60周年を記念して正午より連合渡御が行われた。
朝早くから役員は支度に忙しい。


渡御-1.jpg




渡御-2.jpg



世話人のT.Tさんは今回の立役者、地元町会の常任理事、PTA会長、築土神社氏子青年会築和会会長の他地元の色々な会の執行役員さん。

彼の発案でマンションの新住民さんたちにお祭りに参加していただく色々な働きかけが今回出来た。



渡御-3.jpg



大勢の方が集まっていただき発御となった

渡御-4.jpg




渡御-5.jpg



渡御-6.jpg




渡御-7.jpg



昨年の飯田町町会の山車はお隣の町会のお孫さん二人だけという惨状であったが、今年は世話人さんたちの頑張りでご覧の通り。私たち神社総代の中で、若手の意見に異議を唱える方もいたが、恥ずかしい限りだ。


渡御-8.jpg



大総代、高張、御幣、大人神輿、子供神輿、山車の順で数え切れない方が参加してくださった。


渡御-9.jpg




4時には予定どうり宮入も終了。子供たちの宮入は神社境内に入りきれないほどの人数が集まったそうだ。私は焼きそば担当の接待係で神輿に触れることはできなかったが、4時に合わせ焼きそば200食を温かい状態で配る事が出来た。お手伝いいただいた飯田町町会婦人部さんのおかげだ。

ゲームや軽食を楽しんでもらったあとには、九段町会による盆踊り大会が始まった。ここでやっと東京音頭の輪の中に入ることが出来た。


渡御-10.jpg




posted by ZEN at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域・イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月13日

縁日

12日金曜日、飯田町町会では築土神社神社御祭礼の縁日が行われた。

私の担当はガーリック味のポップコーン、朝から電動自転車で買い出しに出かけたのだが、いつも買う市ヶ谷の店には在庫が無く、四谷店に向かった。しかし市ヶ谷店でバッテリーが切れてしまい、返って普通の自転車より重くなった状態で四谷の店までだらだら坂を上ってきた。

12時に一旦倉庫で物品を出し、3時から縁日の準備を始めた。


5時20分 ややフライングしてスタート


縁日-1.jpg



私のブースではオーストラリアからの日本語留学生YOUが手伝ってくれた。


縁日-2.jpg




縁日-3.jpg




縁日-4.jpg



一時にわか雨があったがご覧の通りの大盛況!

縁日-5.jpg



縁日-6.jpg




9時には片付け終わり直会へ

縁日-7.jpg






posted by ZEN at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域・イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月12日

宵宮祭

先日愛犬レオの従兄弟、ヴィッツ君と妹のヴェスちゃんが白山からLONG散歩で寄ってくれた。



宵宮-1.jpg



妹のヴェス(右)も同じブリーダーさん、この子も下毛が黒いので、やがてはヴィッツ同様真っ黒に変身するだろう。


宵宮-2.jpg




宵宮-3.jpg




さて、昨夜は築土神社例大祭の宵宮祭、今夜は(12日金曜日)5時半から縁日が行われる。


宵宮-4.jpg



宵宮-5.jpg



このあと厳粛に神事が行われ、そのあとは


宵宮-6.jpg 幻の銘酒「雪中梅」






posted by ZEN at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域・イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。