2014年12月18日

改めて風邪って何なのだろう

TVで風邪の対処法を解説していたのだが、出てきた先生のあまりの説明の省き方に驚いた。

お昼ごはんを食べながら見ていたTVでのクイズで

「風邪をひいたら暖かくして、汗をかくようにして休む」

というのが正しくない、今は汗をかくようにしないで、解熱するのが先だと解説していた。

夜見たTVでは一転「風邪の初発には葛根湯を飲み暖かくしましょう」と言っていた。


また別の某薬科大の先生は「薬局の風邪薬は色々な症状に対応して便利なのだが、お医者さんの風邪薬は効果の強いものが多く、抗生物質も使うので良く効く」と解説していた。


何!何!この先生現場に出たことあるの?


風邪とはウイルスによる上気道感染で、抗生物質は効果が無く、普通感冒では使ってはいけないのだ

医療費が高騰しているのでその抑制のため、普通感冒のお薬はお医者さんのお薬も、薬局のお薬も最近は成分が同じになっている。厚生労働省ではちょっとした風邪は薬局でとの方針で、スイッチOTCといってお医者さんの使っていたお薬を、薬局に一部解禁しているのだ。


ただし肺炎や気管支炎を併発しそうなときは、各種抗生物質が力を発揮する。


暖かくして寝るに話を戻すと、葛根湯は風邪のひき始めの悪寒(さむけ)に対し、体を温め発汗させることで風邪に効く薬だ。風邪の70%はこの薬が効くといわれている。

ウイルスは熱に弱いので、まだウイルスが体内で猛威を起こす前なら増殖を抑制できる、だから暖かくし、葛根湯を飲み、栄養をとればウイルスに対抗できるのだ。

インフルエンザに関しても坑インフルエンザ薬がすぐに手に入らないのであれば、同様の処置で効果がある。


抗生物質を使用しても治療までの期間は変わらないとの研究がある。某難関薬科大の先生何を勉強しているのだろう。わかっているはずなのに省略しすぎで、一般の方には間違った情報となってしまう。


「先生、風邪ひいたから抗生物質出してください」


これは無理な注文で、そのようなことが日常となってしまったら、耐性菌を数限りなく作ってしまい、恐ろしいことになってしまう。


こんなこともあった

上高地に地域の旅行で行ったとき、近所のおばさんが鼻をたらし、寒気がする、何か薬持っていないというので、手持ちの薬を調べたら、使えそうなのはバファリン(アスピリン)だけだった。

「おばさんこの薬お湯で飲んで、上着一枚重ねて暖かくして」と言ってバファリンを渡したのだ。

しばらくすると、「善ちゃんあれ何ていう薬、すごいね魔法みたい」と言って喜んでもらえた。

実はバファリンは発汗性解熱鎮痛薬の一種で、作用の仕方は葛根湯に似ている。ただし副作用があるので、できれば葛根湯を使いたい。


急性熱性病はむやみに熱を下げてはいけないのだ。しかし脳を熱から守るため、また体力を失わないようにするため、38.5度以上では解熱剤を使うことになっている。


公共電波にのせるのなら誤解がないようきちんと解説してほしいものだ。



 


posted by ZEN at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/410847364

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。