2013年12月16日

けいれん性便秘とこむら返り

マレーシア在住の姉が3ヶ月近く帰京してジョホールバルへ帰ったのは1ヶ月程前のことだった。日本へはある資格試験のチャレンジの為の一時帰国だったが、プレッシャーからか、マレーシアの田舎に帰るのが嫌なのか、胃の痛みを訴え、胃カメラやら人間ドッグやら、お医者さんに通っての滞在だった。

人間ドッグなどの検査結果は何も異常がないのに、胃潰瘍の薬が手放せない日々が続いていた。

帰国の日の早朝、ホテルグランドパレスからのリムジンバスに乗る姉をホテルまで送るために早起きしたのだ。

姉がお腹の具合もずっと悪く、ころころしたお通じしか出ないので「小建中湯」を飲んだらどうかと言われたのだけれど、マレーシアに持って帰りたいと相談されたのだ。

胃が痛い→病院で胃が荒れていると言われた→胃潰瘍の薬でOK と私の思考回路だったのだが、お腹の調子と痛みとコロコロしたお通じでそれはおかしいと直感した。

コロコロした固まった小さなお通じを「兎糞」と呼ぶ、うさぎの糞のようなお通じの事である。兎糞が出て、お腹が激しく痛むのは「痙攣性便秘」の典型的症状なのだ。

この場合漢方では「芍薬甘草湯」が使われる、帰国の朝で時間がないので4週間分を渡し帰国の途へ。

数日後姉から連絡が入り、あれほど永い間苦しんだ胃腸の激痛が3日間で完全に消失、お通じも正常に戻ったということだ。

痙攣性便秘は腸管が主にストレスにより緊張し、長い腸管内のあちこちで痙攣性の収縮が起こり、お通じがあっちに行ったり、こっちに来たりと、行ったり来たりするうちに水分が奪われ、コロコロと硬く小さのものになっていく便秘なのだ。


芍薬甘草湯は芍薬と甘草の2種類の生薬の単純な処方なのだが、漢方の代表的な痛み止めで、体質を選ばない使いやすい薬なのだ。

急激に起こる筋肉の痙攣を伴う疼痛や、こむら返り(下肢の痙攣性疼痛)に効果がある漢方薬なのだ。

漢方を良くご存知のお医者さんは、ゴルフで足がつったり、足の疲れの予防に、ラウンド前に芍薬甘草湯を一服飲んでいらっしゃる、先生によるととても効果があるとのことだ。



posted by ZEN at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/382832927

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。