2012年04月18日

HbA1cが変わりました

糖尿病の指標のうち、最も一般的かつ重要なのはHbA1c(ヘモグロビン・エイワンシー)です。過去1〜2か月間の血糖値の平均を反映する数値です。

糖尿病は慢性的に血糖値が高くなる病気ですが、HbA1cを測ることにより、糖尿病は正確に診断することができます。

空腹時血糖値、尿糖値、1.5AGなども重要な検査値なのですが、検査の前日の食事内容を控えることで、普段の正確な数値が反映されないという弱点があります。

その点、HbA1cは約2か月の平均値なので、ごまかすことができません。

糖尿病の診断に重要なHbA1cですが、2012年4月から国際標準化に伴い数値の出し方が変わることになったのです。

日本の検査の方法と、諸外国の検査方法が違うため、検査されたHbA1cの数値が他国に比べ0.4%ほど低く出ていました。学会の症例検証などで数値の違いが問題視されたため、検査法は変えずに、患者さんに知らせる数値に +0.4% とすることになりました。

糖尿病が否定できない数値:6.0%〜6.5%

糖尿病が強く疑われる数値:6.5%〜

と0.4%ほど高い数値に変わりました。たとえば3月まで6.1%だった人は4月からは同じ検査値が6.5%となり、糖尿病と診断されます。

0.4%の数値の変化を良く理解して、HbA1cを見るようにしましょう。



posted by ZEN at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病・ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/265347157

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。