2015年01月20日

小田原城と一夜城

快晴の18日日曜日、飯田町町会の初詣と新年会が箱根方面で行われた。

7:45町会防災倉庫出発、小田原城の大手門前にある松原神社を31名で正式参拝した。


小田原-1.jpg



ここから歩いて小田原城は5分もかからない距離にある。



小田原-2.jpg






小田原-3.jpg





秀吉により落城するまで小田原北条氏五代の城だ。北条氏と言っても鎌倉幕府の北条氏とは何の関係ももないと私は考えている。


桓武平氏である平将門を滅ぼした叔父国香の息子貞盛が桓武平氏の正当な流れとなったのだが、貞盛の時代から伊勢平氏と呼ばれるようになる。

壇ノ浦で伊勢平氏は滅亡したとなっているが、後北条氏の祖 北条早雲は伊勢平氏の流れと伝えられている。

難攻不落の小田原攻めに対し秀吉は無駄な流血は避け、城を包囲することで小田原城を脅かした。


有名な一夜城は下の画像の手前側の尾根伝いに造られた。ターンパイクの上部、中央の鉄塔の上に城があった。一夜城といっても実際は80日かかったそうで、完成後前の林を伐採して姿を一夜であらわしたのでその名になった。


小田原-4.jpg



↑↓ 再建された小田原城天守閣より


小田原-5.jpg




小田原城では30分程ボランティアガイドさんの説明をいただきありがたかった。町会新年会の会場、箱根湯本のおかだで12時から新年会、美味しい料理と温泉を堪能した。


三時前には出発して向かったのは一夜城跡、関東で最初に造られた総石垣の城で、石積みの技術はそれ以後の石を割るものとは全く異なるのでよく見てくださいと小田原城のボランティアガイドさんの助言をいただいた。

秀吉が近江の穴田衆を使い造ったもので、岩の奥行が長く崩れにくい本格的な造営だったそうだ。かなりの長期戦を想定していたのだろう。


天皇の勅使や大名たちを一夜城に呼び寄せ、力を見せつけたのだとも言う。先週TV東京の旅番組で、箱根温泉の開湯は秀吉がこの時湯治に訪れたのに始まると言っていたが、調べていないので真偽の程はわからない。


小田原-6.jpg


度重なる地震に耐え、石垣が残っている


小田原-7.jpg




小田原-8.jpg



小田原-9.jpg




一夜城最上部

小田原-010.jpg





小田原-011.jpg




小田原城天守閣を見下ろしている

小田原-012.jpg




一夜城駐車場には「一夜城鎧塚ファーム」があり、同行の皆さんはスイーツのお土産を買い求めていた。
相模湾の見晴らしが素晴らしい施設なので、箱根に行った時に寄り道する場所の一つになった。





posted by ZEN at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月16日

一泊二日で石垣島へ出かけた-B

石垣島二日目は朝食前から風呂場の目地工事、足らない材料をホームセンターに買いに行ったりで昼までかかってしまった。

昼食を外でということで、昨日に引き続き島内一周ドライブへ東回りで出かけた。



昨日行った玉取崎展望台のそばの展望レストランに予約をして入る

石垣-20.jpg




まさに絶景レストラン、味も抜群!たぶんTV未登場。

石垣-22.jpg




窓はまるで絵画のようだ

石垣-23.jpg





玉取崎展望台からは東シナ海も見えるが、レストランからは太平洋側のみの展望となる。写真の左端あたりに東シナ海が望める。

石垣-21.jpg




普通島内一周というと玉取崎から西海岸の東シナ海側に廻るのだが、この日は時間があるので島の北側、上の写真の向こう側に久しぶりで行ってみた。



島の北端の平久保灯台

石垣-24.jpg



灯台からの景色

石垣-25.jpg




しょっちゅう行っている石垣島だが今回ちょっとした異変があった。島を走っていると売り物件がたくさんあるのだ。TV、雑誌に取り上げられた絶景カフェなど盛業中にもかかわらず売りに出ていた。


大抵は老後の脱サラ組み、たまに来るから羨ましく見える島の絶景生活も、いざ暮らすとなると不便な大自然の中の生活。冬は強風に煽られる場所を選んでる本土の人が多く、逆にいうと地元の人はまず住まない場所にある。


元々の八重山の人たちは圧倒的に島の東側に住んでいる、強風が吹かない場所だからだ。


また本土の人は日が沈む夕日の海岸を好み、リゾートホテルも西海岸が定番なのだが、沖縄の人は陰陽の陰のイメージで、夕日を拝む習慣はないのだ。




石垣-26.jpg

そういえばこの海岸の辺りににあった助さんのレストランが売りに出ていた。



石垣-27.jpg


まさにプライベートビーチ、駐車場はあるがシャワー設備がないのが残念。ハブクラゲがいると元海んちゅのお父さんが言っているので、ウエットスーツ着用でないと無理かも。



お母さん手作りの沖縄料理の夕食をいただき、19:25→22:00の直行便で東京に戻った。




posted by ZEN at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月14日

一泊二日で石垣島へ出かけた-A

昼食は外でとおもっていたのだが、年末に大病をした八十四才の母が時間をかけていろいろな沖縄料理をつくってくれていた。

午後は元海んちゅのお父さんが島一周のドライブを楽しみにしているので、甥っ子を連れて出かけた。


いつもは東回りするのだが 、今回は西回りして名蔵湾のカフェレストランに向かった。



名蔵の別荘地内のカフェレストラン、ブラジル産ストレートコーヒーにデザートがついて600円。

石垣-7.jpg






石垣島一番の景勝地「川平湾」

石垣-8.jpg




石垣-010.jpg





石垣-9.jpg






玉取崎展望台

石垣-011.jpg



石垣-013.jpg



石垣-014.jpg  玉取崎のハイビスカス


石垣-015.jpg





サザンゲートブリッジの人工島、「南の島(ぱいぬしま)」と名づけたとの話もあるが正式ではないらしい。工事業者さんのあいだでは「処分場」と呼ぶそうだ。
広大な埋立地は国境警備の最前線、北朝鮮のミサイル騒ぎが起こると、ここにパトリオットミサイルが配備される

石垣-016.jpg



ズームアップして見えるのが人工島に造成中の人工ビーチ

石垣-017.jpg





年中無休で頑張る弟夫婦、「ファッションプラザうえはら」を経営している。

石垣-018.jpg








posted by ZEN at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。