2013年12月12日

老眼にブルーベリー

老眼や疲れ目にブルーベリーがよく効くと言われている。ドラッグストアーを経営していた時期に健康食品のブルーベリーは販売したことがあるが、効き目の程は確かめたことは無かった。

還暦を迎えた私は一日中PCに向かっていることもあり、+2.5の老眼だ。老眼は中年にさしかかってから徐々に進み、60位で落ち着くといわれているので、+2.5で止まってくれるとありがたいと思っている。

しかし疲れてくると調整機能が悪くなり、乱視もひどくなり、字が読みにくくなる。

カミサンがブルーベリーを買ってきてくれたので、しばらく食べてみたのだが、裸眼で冷凍食品やカップラーメンの説明書の小さな字が何とか読めるのに気がついた。

仕事中はメガネをかけっぱなしなので、効いているんかいないのか実感できないのだが、夜くつろいでいるときや、朝食の支度をしているときはメガネなしで過ごしているので、ラーメンの温め時間3分という字の確認や冷凍弁当の温め時間を読むのに、今まで目を細め苦労して読んできたのだ。

ブルーベリーを摂るようになってから、苦労しないで裸眼で読めるようになってきた。

ブルーベリーは確かに効くようだ、最近はフルーツのブルーベリー(ピルベリー)とやわたの健康食品ブルーベリーを毎日とっている。

ブルーベリーの効き目の成分はアントシアニン、摂取後2〜4時間で効きめが現れはじめ、24時間ほどで消滅する。蓄積はできないため効かせるには毎日摂り続けなければならないので、健康食品のタブレットが簡単に高濃度のアントシアニンが取れるし、安く済む。

網膜のロドプシンという色素体が、目を使っていると分解されてくるのだが、これはすぐに再合成されて、目は正常に保たれるのだそうで、追いつかなくなって不足すると目の調整機能が落ちるとのこと。

不足したロドプシンの再合成を助けるのがアントシアニンで、老眼等にとても効果がある。

                  健康食品なら1月2千円程





posted by ZEN at 16:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。