2013年08月16日

ぜんざい(沖縄)

この夏もカミさんの帰省について行って、石垣島でシュノーケリングを楽しんできた。もう年だから1日1回だけ、1時間ほどかけてリーフの外までの往復のシュノーケリングだ。

疲れた体が欲するのは沖縄のソールフードのひとつとも言える「ぜんざい」である。

カミさんの実家は石垣島の公設市場のすぐ前なのだが、市場の2階にある喫茶店に食べに行くのが習慣になっている。

ぜんざい.jpg

黒糖で甘く煮た金時豆(いんげん豆)のかき氷が沖縄のぜんざいで内地の暖かい小豆に白玉のぜんざいとは全く違うのだ。

市場のぜんざいは観光客向けに白玉も入っているし、おまけに麦粒も入っている。

確か値段は石垣島の中でも高い方で、650円だったと思う。


今回沖縄に出かける直前に蕁麻疹が出てびっくりしたのだが、治ったはずの蕁麻疹が昨日の明け方再発してしまった。

幸い薬はバッチリ持参していたので数時間で治ったが、シュノーケリングなどで疲れているのに眠りが浅くなり、気合一発食べたのもぜんざいだった。

なんせ小豆とか金時豆とかは解毒作用があるからなどと理由づけして、大の大人が「氷金時豆」を美味しく頂いたのだ。





posted by ZEN at 16:10| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月09日

五十肩の名医

今朝喫茶店での話、五十肩でコンドロイチンとビタミンB1、B6、B12の製剤を試してもらっている方にその後の様子をお聞きした。

痛みは和らぎましたかとの質問に、就寝中は相変わらず痛むとのこと。〇林製薬や健康食品の誇大広告のようには、残念ながら五十肩に効く薬はないのだ。

整形外科では痛み止めのロキソニンが多く出るけど、グキッと痛みが走る五十肩の痛みは和らげるのが精一杯なのだ。

患部を温めてからストレッチをするのが最も効果的で、肩関節の可動域を広げてあげることが大切なのだ。何より自分の努力にかかっている。

コンドロイチンやビタミン剤は関節の炎症を抑えるお手伝いに過ぎず、治療薬ではない。

患者さんの中には医療機関を渡り歩き、最終的に名医と評判の高い〇〇病院を受診する方がいらっしゃる。しかし考えてみれば発症からそれまでに1年近くなり、実はそろそろ自然治癒する頃なのだ。

処方箋を受けていて、診療所から大学病院へ移り、更に次の病院に行った頃には丁度治治る時期が来ているという方に出会ったことがある。

「あそこは名医よ」と患者さんの間で評判を呼び、更にこの世界で有名になっていく。高度専門病院は基本的に医師の紹介が無ければ、新規に受診できない事になっているので、有名病院にたどり着く頃は治る頃だという仕組みだ。

以上、四十肩と五十肩2回を経験した私と喫茶店のママの意見。


posted by ZEN at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月06日

海外での下痢

マレーシアのジョホールバルという都市で二度目の海外生活を送っている姉から急を知らせるメールが届いた。

出国してから一月もたたないのだが、今回の住まいはかなり古く汚いらしく、かなりまいっているようだ。掃除に明け暮れた綺麗好きの彼女だが、体調まで崩してしまって、この一週間ひどい下痢が止まらないそうだ。

飲んだ薬を聞くと「ロペミン」という医療用の強力な下痢止めであった。


確かにロペミンは強力な下痢止めではあるのだが、この場合には使うべきではない。

下痢の原因が水分の取りすぎや、神経性のものとは考えにくく、逆に水の悪さからくる細菌性の下痢を疑うべきだと思う。

お薬110番にも以下のように記されている

 
 
食中毒、あるいは病原微生物による感染性の下痢は、有害物質を体外に排出させようとする自然な防衛反応です。このような場合、むやみに下痢を止めればよいというものではありません。

激しい下痢は、脱水症状をまねきます。とくに、小さい子供や高齢の人は要注意です。点滴で水分を補給したほうがよいですから、早めに受診しましょう。


ではどのように対処するべきだろうか。私の場合は「正露丸糖衣」を選ぶ。正露丸(クレオソート)にワカマツに入っている黄檗乾燥エキス(ベルベリン)とゲンノショウコを加えたものが正露丸糖衣なのだ。

クレオソートもベルベリンも細菌を殺す殺菌剤で、下痢の原因菌に効果がある。ゲンノショウコは成分のタンニンにより胃腸を引き締め、下痢に効果がある。

というわけで、腸の運動を強力に抑えながら、腸管から水分を抜くことで下痢を止める「ロペミン」のような対症療法剤は食あたりや水あたりのような細菌性の下痢には向かないのだ。

海外では細菌性の下痢をすることが多く考えられるので、殺菌剤の下痢止めを携行することをお薦めする。


早速姉には正露丸糖衣をはじめ、救急薬を郵送した。驚いたことに国際スピード郵便で300gまでなら900円しかかからない。マレーシアの田舎町、姉が向こうに行くのに丸一日かかったのに、4日程で着くそうなので、ありがたいやら申し訳ないやら。




posted by ZEN at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。