2013年08月30日

韓流に陰りが

このところTVドラマの放映数でも、韓国のタレントさんの出演回数も激減してるようだ。新大久保の韓国タウンの飲食店も、対前年比50%ダウンとか、出店しても1年もたないとか大変なようである。

自分は平衡感覚が良いと自認しているので、韓国に対する感覚は何も変わっていない。ただ韓国料理が食べたくなったら、新大久保ではなく、コレド日本橋の綺麗な店に行くようになったくらいだ。

韓国人の日本への留学生がTVのインタビューに対して「近くて遠い国」と答えていたが、日本で現在暮らしていてもそのように思うのだと考えてしまった。

実は私も若い頃はそのように思っていたのは確かだ。韓国の事をよく勉強し、歴史を知るに連れ、言語学的にも、遺伝子レベルでも同胞だと思うようになった。

つい最近まで従妹のヒロミが韓国に語学留学していて、帰国後数日我が家に滞在したのだが、韓国で自分が出会った人たちに反日感情は感じなかったと語っていた。

どちらの国でも大半の人が反感を持っているのではなく、一部の声の大きい人の意見が大きく取り上げられているのだと思うのだ。

日本のメディアで韓国での反日活動を大きく取り上げているが、韓国では日本人の差別発言や、街宣車の様子を取り上げて、日本人が皆そのような行動をしているかのような報道がされているそうだ。

政治もマスコミも韓国、中国というお隣の国と、どう付き合っていこうと、世論を形成しているのだろうか。

私の周りの先輩がたの中には今だに韓国を下の国だと馬鹿にしている人たちがいる。何を根拠に侮辱できるのだろう。私にはその無知さが哀れにさえ思える。

少なくともスマートフォンに代表されるように、グローバルスタンダードという点では、日本より遥かに先に行っているのだ。

SAMSUNGのスマホを使っている私に「何でそんなもん使うんだよ」と言ったのには、ただただ唖然とした。ちなみにその彼の奥様は韓流ファンである。




posted by ZEN at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月26日

柏インター

17日土曜日は京葉道路方面一之江へ、20日火曜日は世田谷環状8号線方面、川崎市へ、18日日曜日は柏へ、石垣島在住の義妹の軽自動車を探しに行った。

一之江では4軒、世田谷方面で入ったのは1軒、軽自動車を何台も展示している中古車業者はさほどなかった。

昨日は朝から柏インターのオリックス自動車を目指し出発したのだが、柏インターを柏駅方面に降りると、中古車業者が10軒以上あったのだ。

ホンダ、スズキ、トヨタ、スバル、ダイハツなどのディーラーさんも店頭に中古車を展示しているし、新古車なるものも展示していた。

軽自動車の中古販売価格は5年落ちでも新車価格の70%位の感じなので、新古車はお買い得感がある。

柏インター付近の軽中古車の在庫は豊富で、チョイスの幅はかなりあるようだ。

どこの販売店もシャーシに問題があるような修復歴のある車は取り扱っていないので、事故車を買わされる心配は無いようだ。

仕入れの方法により販売店の個性はかなりある。

一般的にはオークションで競り落として、必要な整備を施し、経費を乗せて販売する。

ガリバーは直接一般の人から中古車を買い付け、車検が残っていれば最低限の整備をしてから販売する。

オリックス自動車は自社のリース物件を中心に、レンタカーを含め販売するので、他社より2〜3割ほど安いようだ。

レンタカー上がりの車は乱暴に乗られていた感があるのと、距離が多く乗られているので敬遠されがちだが、リース物件には魅力がある。

なるほど他社の中古車はかなり古いものが多く展示されているが、リースの特性上5年物、平成20年の車が圧倒的に多く、1オーナーのリース車もかなり存在する。

ただし、法人向けのリースが多い為、雨ざらしの駐車場に置かれている場合が多く、喫煙車も多いので、匂いが染み付いている場合があるので、実際に見てみないと買えないなと感じた。

同程度のダイハツムーブLで他社と価格比較したら78万円に対しオリックスは49万5千円であった。

もちろん店頭出し値はこれに整備費、諸経費が10万円以上乗っかり、結構な価格になってしまうのだ。

陸送費の安いガリバー、リース物件だから安いオリックス、女性ワンオーナー車もある一般業者さん、さてどちらを選ぶべのが賢いか。


posted by ZEN at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月20日

軽自動車

沖縄県は軽自動車の比率が日本で最も高い県だと思う。スージーグアー(細い路地)が多く、大きな車が入れない道が結構あるし、車が下駄替わりという事情もある。

海風による塩害がひどく、さびて穴があいている車も良く目にする。

それでも最近はピカピカの中型車も見るようにはなってきたのだが、ピカイカの車の多くは「わ」ナンバー、レンタカーの場合が多いのだ。

特に石垣島などの先島諸島では、一周しても大した距離ではなく、大きな車の必要性が無いのだ。

島の平均的年収は200万円程という低所得であることもあり、維持費の安い軽自動車に人気が集まるのだ。

この夏、従姉妹のT-えの車を借りようとしたら、全体に赤錆だらけ、車内はカビだらけなのに驚いた。マックスバリューという大型ホームセンターに行き、車内のカビ取りクリーナーとブラシ、アイリスオーヤマのスチーム洗浄機を買ってきて、室内のクリーンアップを行ったのだ。

幸いカビ取り洗剤とブラシでとても綺麗になったので、アイリスオーヤマは開封せずに東京に持ち帰ることにした。

ちなみに高温スチームをあてると99.99%の除菌ができるのだが、整備を依頼しに行った工場のご主人は車を見るなり、板金もいるしこれはやるだけ無駄、廃車ですねと即座に言われてしまった。

というわけで、中古車探しに付き合ったのだが、驚いた事に石垣島の軽中古車価格は極めて高いのだ。10年前の10万キロ走った車でも、整備済みは63万〜70万円もするのだ。

聞くところによると、島では新車を買う人はあまりなく、島で中古車はあまり出ない。福岡あたりのオークションで競り落として、陸送し、整備の上販売しているそうだ。


東京に帰り大手の中古車業者数社のサイトで調べたり、実際に中古車業者を尋ねたが、沖縄本島でも本土価格より相場が高くなっている。

晴海埠頭に持ち込めば、石垣島までの軽の陸送費は8万2千円、相場の安い東京近郊で手に入れて沖縄に送ってやろうと考えついたところだ。

軽自動車の中古車人気は東京近郊でも変わらず、在庫があまりないのだそうだ。平成18年車 7年落ちでも70万円が相場なのだ。

新車価格が100万円、7年物が70万円、新車を買ったほうがいいように思うが、新車は諸経費を入れると最近の軽自動車は150万円かかるようなので、仕方ないようだ。

1000ccから1300ccの車は軽より年間維持費が5万円は高くなるようで、中古車価格は軽より格段も安くなっている。

このようなところにも日本の経済が未だに改善されていないことがうかがわれる。


posted by ZEN at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。